2011年02月28日

確定申告、e-Taxを“知っていながら使わない”理由とは?



【今年も確定申告の季節がやってきた。
申告書を前に、悪戦苦闘している人も多いだろう。

楽天リサーチの調査によると、20〜69歳の人のうち、
今年、確定申告を予定している人は40%であることが分かった。

確定申告を行う理由では「年間10万円を超える医療費を払ったため」(29.3%)や「自営業・自由業(フリーランス)など、職種上必要なため」(26.5%)が多数派だった。

●e-Taxを知っていながら利用しない理由

 確定申告の方法で最も多かったのは
「税務署の申告会場や窓口で申請書を作成・提出」で24.0%。

以下、「e-Tax(国税電子申告・納税システム)で申告」が14.0%、
「税務署庁舎外の会場(還付申告センターなど)で申告書を作成・提出」が9.8%、
「自宅で申告書を手書きで作成し、税務署にて提出」が8.8%で続いた。

 まだ、手書きで確定申告している人が多いようだが、
「e-Taxで申告」と答えた人以外に、e-Taxでインターネットから申告できることを知っているか聞くと、86.9%の人が「知っている」と回答。

 e-Taxを知っていながら利用しない理由で最も多かったのは

「ICカードリーダライタの入手に費用がかかる」で21.4%。
以下、「電子証明書の取得に手間がかかる」が19.1%、
「利用方法が分からない」が14.0%、
「PCに対する知識が十分でないから」が10.0%で続いた。


 認知度の低さや分かりにくさというよりは、
お金がかかったり、手間がかかったりするということで、
利用していない人の方が多いようだ。 】

引用:http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1517950&media_id=40&m=1&ref=news%3Aright%3Adiary

そうなんです!

いかにも、お上の考えそうなことだよねえ。

確定申告の電子化。

しかも使う側の利便性なんて、殆ど考えちゃいないスタンス。

なんでも電子化すりゃいいてもんじゃないっての。

かつて管理人は、確定申告の電子化を導入しようとして

チンプンカンプンだったことがあります。

ええ、モチロン挫折しましたよ。

改善するとしたらね、

もっと簡単にしろ!

・「ICカードリーダライタの入手に費用がかかる」
→メンドクサイ、カネかかるの嫌。

・「電子証明書の取得に手間がかかる」
→何それ?わ〜かりませ〜ん。

・「利用方法が分からない」
→書類の記入方法からして、意味不明。

・「PCに対する知識が十分でないから」
→要するに、使う側にある程度のスキルを求めていること自体
失敗している。


posted by news-w at 17:26| 埼玉 🌁| Comment(0) | 確定申告のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

オオウナギ 「うな太郎」死ぬ 体長179センチ 長崎



【長崎市野母崎樺島町の井戸にいる体長179センチのオオウナギ「うな太郎」が24日、惜しまれながら死んだ。推定30歳で、数日前から衰弱していた。「何とか生き延びて」という地元の人たちの願いはかなわなかった。

【大発見】天然ウナギの卵採集に初成功 グアム島西沖…東京大など

 うな太郎は86年12月、旧野母崎町が鹿児島県の養鰻場から購入した。

昨年10月時点の体重は約12.6キロで、昨夏の猛暑などの影響からか
前年より2.1キロ減っていた。

 祖父の代からオオウナギの世話をしている幕(まく)亀太郎さん(86)は
「20年余り自分の子のように愛情を持って育ててきた。あと4、5年は生きてほしかった」と残念そう。

妻静代さん(80)も「夫は、夜中に目が覚めてもウナギを見に行っていた。
夫あってのウナギ、ウナギあっての夫だったのに……」と声を落とした。

 オオウナギは熱帯・亜熱帯に生息するが、港近くのこの井戸には古くから川を上った
ウナギがすみ着いた。

1923年には「オオウナギ生息地」として国の天然記念物に指定。
井戸の主(ぬし)はうな太郎が8匹目だが、港のコンクリート化などに伴い、
7匹目以降は他県から譲り受けて放していた。】

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000001-maip-soci

老人とオオウナギ。

互いに見えない絆で、支えあっていたのでしょう。

いい話だあああッ・・・。



しかし、うな太郎デカイ!


何食べてこんなに大きくなるのかしらん?

おじいさんのうな太郎の頭に手を添えてる姿から

なんか、あたたかいものが感じられますね。


うな太郎のご冥福をお祈りします。

posted by news-w at 10:21| Comment(0) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ネクソンが「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームを開発へ



 ネクソンは、角川プロダクション、スロウカーブとの間で、
テレビアニメシリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱」のソーシャルネットワークゲームの
開発及び運営に関するライセンス契約を締結したと発表。

「GREE Platform」へ提供される。

 テレビアニメシリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱」は、
角川スニーカー文庫より発売され累計650万部の販売実績を持つライトノベルが原作。

天上天下唯我独尊超ポジティブワガママ娘の主人公「涼宮ハルヒ」に振り回されるキョンと、SOS団が繰り広げる非日常学園ストーリーが幅広い世代に支持されている。

 今回の施策は、角川グループホールディングスとグリーの間で発表された
インターネットコンテンツ事業における業務提携の一環
(関連記事:「台風の目に入らなければ」 角川とGREEが提携、「ソーシャル電子書籍」配信)。アップフロンティアが、NEXON MOBILE Corporationと共同で開発を担当する。

 なお、開発スケジュール及び正式サービス開始時期は現時点で未定。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110226-00000004-zdn_g-game

角川なんて、オカタイイメージだったけど・・・

時代の流れとともに、変化を余儀なくされたのかしらん?

アニメが経済活性化を起こす起爆剤になるなんて

管理人が子供の頃は、思いも寄らないことだったわ^^;

posted by news-w at 18:07| Comment(0) | アニメな世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。