2011年02月23日

「タイガーマスク心温まる」皇太子さま51歳に



【皇太子さまは23日に51歳の誕生日を迎え、これに先立って記者会見された。

 この1年を振り返る質問では、若者の就職難に「心が痛みます」とした上で
海外留学の減少などに触れ、

「若い世代に『内向き志向』が強まっていることも心配です」

「外から日本を眺めることも大切」などと語られた。

またタイガーマスクの主人公らを名乗る善意のプレゼントが広がったことを
心温まるニュースに挙げられた。

高齢になられた天皇、皇后両陛下を案じ、
「皇太子としてお助けしなければならない」としつつ、
公務のあり方の検討は「天皇陛下のお気持ちに沿って進めるべき」と述べられた。】

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110223-00000008-yom-soci

皇太子さまは23日に51歳ですか。

もうそんなお年になられたのですね。

>高齢になられた天皇、皇后両陛下を案じ、

そうだよねえ、暑い中、寒い中、国内、海外問わず

宮内庁の組んだスケジュールを、文句も言わず淡々とこなされてるのかしら?

(いつだか、硫黄島に行かれたことを聞いてビックリ!)

それだけでも大変だろうなあ〜と思うのに

高齢からくる負担とかもさ、あると思うと

大丈夫なのかいね?と心配になることしばしば。

こんな立派な皇太子さまがいらっしゃるのだから

適当に役割分担されてもいいんじゃないの?

天皇は退職って制度、ないの?

譲位するとか?

よくわからんけど。


posted by news-w at 11:39| Comment(0) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

イ・ヨンエ、健康な双子の男女を出産



女優イ・ヨンエ(40)が20日午前、男女の双子を出産した。

イ・ヨンエの最側近は日刊スポーツとの電話通話で、「イ・ヨンエ氏が20日午前、ソウル・墨井洞(ムクチョンドン)の第一病院で息子と娘を同時に産んだ。高齢出産なので健康が心配されたが、産婦の意志が強く自然分娩した。幸い母子ともに元気な状態だ」と伝えた。

また、「イ・ヨンエ氏が陣痛を感じ出産1日前の19日に入院した。産婦と子どもは現在第一病院の母子センターに入院中で、健康状態を確認しなければならないが退院は21日の予定だ」と明らかにした。

イ・ヨンエはソウル・清潭洞(チョンダムドン)の病院で出産すると発表されたが、周囲の視線を避け墨井洞の女性総合病院の第一病院で出産した。高齢での初産だけに安産のための体の管理に慎重を期してきたという。 

イ・ヨンエは2009年8月にハワイで年上の事業家チョン・ホヨン氏と秘密裏に結婚式を挙げ世間の関心を集めた。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000005-cnippou-kr

オメデトウ御座います。

男女の双子ってあるんですねえ、ふ〜ん。

彼らが20歳になったとき、イ・ヨンエさんは60歳・・・。

やっぱり綺麗な人は、年とっても綺麗なままなんだろうなあ。

そういえば・・・

イ・ヨンエさん主演した「 チャングムの誓い 」を偶然、見たことが発端で

それからというもの韓国王朝ドラマにズッポリ!ハマっちゃいました。

チャングムの誓い、女人天下、ホ・ジュン、王と私、

これらみんな途中から見たから、イマイチドラマの筋が見えなくて

最後まで見た後、また最初からみたくなって見てしまうという有様^^;

イ・サンと王と妃は最初から見てます。

しかし!

韓国王朝ドラマは、だいたい話数が多い。

振り返ってみるとこれらを見だしてから、5〜6年経過しちゃってることに

びっくりしてしまいました。

韓国王朝ドラマをいくつも見てると、最初はチンプンカンプンだったことが

「あ〜、なるほど。そういうことね」といつの間にか理解出来ちゃってるし。

歴史的背景もザックリと掴めてきて、面白いなあと。




posted by news-w at 09:04| Comment(0) | 韓国芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

日本尊敬され続ける、くじけるな…シンガポール



【シンガポール=岡崎哲】「日本人はくじけてはならない」――。

【 シンガポールの有力紙ストレーツ・タイムズ(17日付)は、
日本が技術革新を続け、優れた製品やサービスを生み続ける限り、
「今後もずっと尊敬される国であり続ける」との東京特派員のコラムを掲載した。

 コラムでは、「GDPの順位だけで国の全体像は語れない」と指摘した上で、
世界の音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を日本人4人が同時受賞したことに触れ、
「音楽でも経済でも日本がこの先見限られることはないと思い知らせた」と評価した。

 そして「世界レベルの成果」を生む要因として、勤勉さや仕事への誇り、
秩序感覚など数字では表せない日本の国民性をあげた。】

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00001110-yom-int

有難うございます。

日本人のひとりとして、勇気づけられた思いです。

また明日から頑張ろう!と

思います。

どうぞよろしくお願いします。



posted by news-w at 20:57| Comment(0) | 頑張ってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。